検察越しの社会: ビッグブラザーの時代が到来するのだろうか

大統領府と検察の葛藤がますますひどくなっている。 検察は、それなりに必死に抵抗しているが、私たちはみな、その結果を予測できる。 強大な力を持つ大統領に抵抗することは容易ではない。 押し寄せる官軍に立ち向かった会津藩の少年たちのように、その終末は壮烈だが美しくはなさそうだ。

今は検察の制圧後を心配しなければならないだろう。 国会も、裁判所も、検察も、市民団体も、そしてマスコミも、与党が掌握した社会は考えるだけで恐ろしい。 しかし、まさにそのような社会が今作られている。たぶん昭和15年ごろの日本社会がこんなものだったんだろう。 みんなが一つの声を出す社会、みんなが一方だけを見なければならない社会が近づいてくる。

About Author

Previous article대북전단 규제는 합법일까?
Next article사이판에는 리조트만 있는 것이 아니다 – 사이판 전쟁기념관을 가다