私たちも知っている 若者たちの心を

古代遺跡を発掘してみると、そこに”最近の若者は行儀が悪い”と書かれていたという話を聞いた。 しかし、この退屈な話が繰り返されている。 最近の若者を見ると、私たちの時とは確かに違うようだ。

学校でも教授と論争をしたり討論をしたりする学生はめったに見かけられない。 職場でも上司に率直な話をする若者は珍しい。 その理由は、おそらく良い働き口が足りないからだ。 良い働き口が足りないため、就職のためには学校で良い単位をもらわなければならない。 職場でも不満があっても我慢して済まさなければならない。 そのためか、最近の若者らは上辺だけ見て、礼儀正しい。

しかし、私は知っている。 従順で礼儀正しい彼らの心の中には、不十分な雇用と高い住宅価格に対する怒りと絶望が隠れていることを。 彼らはこう聞いているようだ。 “君たちはいい時期に出会えてよかっただろう。 私たちは夢を見ることもできないその良い時期を..”

About Author

Previous article스베누는 왜 상표 등록을 하지 못했을까?
Next article세상을 끝장낼 뻔했던 쿠바 미사일 위기를 다시 생각한다